検索を閉じる

摂食嚥下障害Q&A監修:浜松市リハビリテーション病院 病院長 藤島一郎

一般向け摂食嚥下障害コーナーはこちらから

症状・原因

どのような診断の方法がありますか?Next

嚥下機能の診断方法として、スクリーニングを行ったあとに、[嚥下造影検査(VF)][嚥下内視鏡検査(VE)]で詳しい診断を行います。

嚥下造影検査

嚥下障害が疑われる場合や病態が不明のときは、嚥下造影検査を行います。これはX 線透視下で造影剤をいれた検査食を嚥下してもらい口からのど、食道を食物がどのように通過するか、嚥下時の全体的な動き、誤嚥の有無、口やのどへの食物の残留の有無をチェックするものです。

嚥下造影検査
提供:藤島一郎先生

誤嚥をした(ワーストスワロー,worst swallow)からといって安易に食事を禁止する指示をするために行うのではなく、少しでも安全により広く食事を楽しんでもらうきっかけにするために行います。上手く嚥下できないときは適切な姿勢や食物形態などに変更し、誤嚥せず上手く嚥下(ベストスワロー, best swallow)できることを確認できれば、できるだけ口から食べることで嚥下機能の回復を図っていくようにします。これを診断的治療といいます。

ある食物がのどに残留してしまう場合は同じ食物を食べ続けるのではなく、予め誤嚥せず食べられることを確認した食物(ゼリーやとろみ水など)を交互に食べるといったんのどをきれいにでき、不用意な誤嚥の危険を減らすことができます。

万一誤嚥してしまった場合は、しっかり自力で喀出できるかを確認します。誤嚥しても全くむせのない場合もあるため特に注意が必要です。その場合強い咳払いを指示すれば自力で喀出できるのか、または他者が吸引処置をするか呼吸理学療法の手技をしなければ不可能なのかを評価し、日常の食事指導・摂食訓練に役立てます。装置のない場合は、設備のある病院に依頼します。

嚥下内視鏡検査

嚥下造影検査より手軽で在宅やベッドサイドなどでも検査ができます。鼻から入る細くて柔らかいファイバースコープでのどを観察します。のどが汚れていないか、のどの動き(声帯や咽頭筋群の筋力低下・麻痺がないか)をチェックします。のどが汚れていればまず口とのどのケアを徹底して実施し、のどに溜まった唾液をしっかり吸引します。咽頭残留に左右差があれば咽頭麻痺による場合があります。

嚥下内視鏡検査
提供:藤島一郎先生

詳しく調べるためは、喉頭(喉頭蓋や披裂部)の感覚を調べることも有用です。このあと実際に食物を食べてもらい上手く飲めているか、誤嚥や残留はないか、などをチェックします。飲みこむ力が正常ならば嚥下する瞬間は画面が白く光り(ホワイトアウト)詳しく観察することはできません。飲みこむ瞬間は観察できなくても、のどの中で食塊がひとまとまりになっているか、残留しやすい食物を直接観察・評価でき有用な情報となります。

飲みこむ瞬間のホワイトアウトが観察されない場合は、飲みこむ力が弱っていると判断出来ます。青く着色した液体を飲みこんで、誤嚥の有無や咽頭残留(咽頭クリアランス)を評価する方法もあります。嚥下造影検査と同様に上手く嚥下できないときはどうしたら嚥下できるか検討し、それぞれの検査では死角となリやすい点を意識しながら相補的に行います。

NEXT
嚥下障害の重症度の評価方法について、教えてください。