検索を閉じる

摂食嚥下障害Q&A監修:浜松市リハビリテーション病院 病院長 藤島一郎

一般向け摂食嚥下障害コーナーはこちらから

ケア・対処・訓練法

口腔衛生と肺炎には、関係がありますか?Next

摂食嚥下障害のある方は、唾液の分泌低下や唾液による自浄作用の低下、それに伴う食物の残留などで口腔内細菌が増殖し、口腔内が不衛生になると、誤嚥性肺炎につながる可能性が高まります。

摂食嚥下障害の患者さんは、咀嚼(そしゃく)や嚥下に必要な運動、あるいは感覚が低下しているので、口腔や咽頭が汚染され、汚い分泌物を誤嚥することにより細菌が肺に入り、誤嚥性肺炎につながる危険性があります。特に就寝前の口腔ケアが不十分な場合は、不顕性誤嚥による肺炎の可能性が高まります。

日頃からの口腔内ケアは嚥下の訓練にもなり、肺炎の予防につながります。

全国11介護施設の利用者約400人を対象にした誤嚥性肺炎の発症率調査では、食後の歯磨きとうがい、定期的な歯科医らのケアをしたグループの発症率は11%、しなかったグループは約2倍の19%でした。

佐々木英忠ほか. 口腔・咽頭の機能低下と誤嚥性肺炎. 厚生省厚生科学研究費補助金 長寿科学総合研究 平成6年報告書 ; 4 : 140 - 6.

NEXT
口腔ケアにはどんな効果がありますか?