検索を閉じる

摂食嚥下障害Q&A監修:浜松市リハビリテーション病院 病院長 藤島一郎

ケア・対処・訓練法

ケアに携わる医療スタッフとは?Next

摂食嚥下のケアは、医師(リハビリテーション科、神経内科、循環器科、呼吸器科、耳鼻咽喉科など)をはじめとする多くの医療スタッフが以下のような役割を持ちながら連携して行います。

医師

全身管理、リスク管理、検査、訓練指示、ゴール・治療方針の最終決定、病状・治療方針の説明と同意医師

言語聴覚士

口腔機能、基礎訓練、摂食訓練、構音訓練、高次脳機能評価と治療

理学療法士

頸部体幹訓練、体力アップ、一般運動療法、呼吸理学療法

作業療法士

認知・失認・失行評価と治療、姿勢、上肢の訓練と使い方、食器の工夫、自助具作業療法士

看護師

バイタルサイン、薬の投与、点滴、経管栄養、気切(気管切開)カニューレ、口腔ケア、摂食介助、摂食嚥下訓練、精神的サポート、家族指導看護師

看護助手

口腔ケア、摂食介助

栄養士・管理栄養士

嚥下食供給、カロリー・水分など栄養管理、嚥下食の作り方指導・紹介栄養士・管理栄養士

薬剤師

調剤(院外処方)、嚥下しやすい薬剤の調製、簡易懸濁法・薬効の説明

歯科医師

う歯、歯周病などの口腔の疾患、口腔内補助装置、義歯の調整など歯科医師

歯科衛生士

口腔ケア、口腔衛生管理

放射線技師

嚥下造影

ソーシャルワーカー

環境調整、関係調整、社会資源紹介

NEXT
薬の上手な飲ませ方について教えてください。